自動車の買取はどこでやっている

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

自動車の買取はどこでやっている

自動車の耐用年数は10万キロ?現在乗っている自動車の売却を望んでいる時に、

買取あるいは下取りをしてくれる専門ショップは大まかに分けて3つあります。

1つ目はディーラーになります。

ディーラーではおのおのメーカーの自動車を専門に扱っていて、新車ディーラーと中古車ディーラーというのがあります。

販売ショップの中には2つが一緒の敷地内にある時もあります。

新車ディーラーでは、メーカーの新車だけを扱っていて、新車を購入した時まで乗っていた自動車の下取りをしてくれます。

中古車ディーラーでは、買い取りと下取りのどっちとも行なっています。

2つ目は中古自動車販売専門業者です。

数多くあるメーカーの中古自動車を取り揃えており、下取りと買い取りのどっちとも行っています。

3つ目は中古自動車買い取り業者です。

買取専門店ということで、数々のメーカーの自動車の買い取りをしています。

買取事業者毎の特徴と違い

自動車の買い取りをしてくれる専門業者にはおのおの違ってきます。

新車ディーラーだと下取りだけが行なわれるので、いずれもが新車購入とセット販売となって、新車購入金額から下取り金額を調整しておくスタイルになります。

下取りを行なうことによって、新車を購入する時にオプションなどのサービスや値引きが受けることができるのが利点です。

デメリットにおいては、買取では高値が付きやすい人気のある車や人気色の自動車であろうとも、下取り額に影響してないことです。

中古自動車販売専業ショップは、特定のメーカーとか車の種類だけに限定したところが多いのです。

そういった店舗でよく取り扱っている車種と同様だと、割高な査定額を付けてもらい易いということです。

買い取り専業店だと、メーカーや車種に限定されることなく色々な種類の自動車を買い取って貰えます。

買い取りの後に自動車をオートオークションで売却するため、買い取り額はその時々のオークションのマーケットが影響することだってあります。

個人間で自動車の買い取りは?

自動車の買い取りは専門会社に依頼することが多いですが、個人間で自動車の取引きするする事できるのです。

ですが、個人間で自動車の取引きするをするときは、引き渡し後のトラブルを自分自身が処理をすることが必要です、売却が済んだ後の名義変更手続きなんかも自分自身で行なわないといけないのです。

以上が、買取事業者毎の特徴や違いになります。

ひとつひとつ高値を付けてもらえる自動車の種類や金額に差が出ますので、新車が欲しいのか、自動車を手放したいのかなど、自分自身のどういうところを目的にしているのかで、買い取り先を選択する方が良いと言えます。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする