下取査定と買取の違いとは

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

下取査定と比較しての相違というのは

下取は、自動車を売り払って金銭を手にする事です。

買取とは異なって、

新規の自動車に買い代えるタイミングで販売会社やディラーなどといった取扱店に自動車を売り払って、

それ相応のお金を新規の自動車の買い入れ価格から差し引いて(割引料金にして)貰うことをいうものです。
買取のケースでは、

お客様にニーズのない不評判自動車は見積もり価格を安い価格につけられてしまうことがあるのですが、

下取にあたっては、不評判の自動車や年式が一つ前の自動車種の場合だとしてもある程度の見積もり金額を付帯してくれて、

相場の金額相場やタイミングに金額が影響されないといった評価できるポイントがあげられます。
とは言っても、新規自動車というのはその下取に決めたお店で買い入れることが必要です、

買取とは異なって、純正品ではないドレスアップ・社外品パーツというものは評価され無いといったマイナス面も見られるのです。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする