10年落ちの自動車を買取してもらう

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

10年落ちの自動車は買取して貰えないのでしょうか?

自動車の耐用年数は10万キロ?どうして「10年」を区切りとして10年落ちというようなのかと言うと、走行距離が8万km~10万km以上のでは、タイミングベルト等といった消耗品の交替タイミングになるのです。

すなわち、交換費用などが必要になってしまうことになるということで、それまでの走行距離になることが平均して10年といわれるのです。

10年落ちの自動車はたくさんのメンテナンスが加わることから、手間暇かかり費用がかさむので敬遠されぎみということになります。

ですが、近年では10年以上過ぎた自動車だろうとも、自動車種やメンテナンスに応じて現状がキープされているものでありますと、しっかり乗れるとみなされて、買い取って貰える事が相当あります。

さらには、海外では50万kmオーバーの自動車だとしても一般的に頑張っています。

日本の中古自動車は海外の中古自動車にくらべて車検システムがきちんとしていることや、日本自動車が優秀だといったこともあって、海外に力のある買取店であるならば古い自動車だって主体的に買取に応じていただけるということです。

10年落ちだって高額で買取して貰える自動車というのは

日本自動車は海外で人気があるから、10年落ちでさえも買取して貰える可能性が大きいという点はわかったと思います。

しかしながら、走行距離が長く、状態が低めの自動車や人気がない自動車だったら、買取ができないケースもあるそうです。

それでは、10年落ちの自動車だって高い金額で買取して貰える可能性が大きい自動車はどういった物かといえば、以下のような良い所をもつ自動車となってきます。

・人気の自動車(海外で人気・中古市場でライバルの少ないなぞ)
・走行距離が少ない
・フルモデルチェンジ前
・自動車状態が良好(一定期間ごとのメンテナンス)

自動車の買取をして貰うためには、何年落ちまでがお勧め?

普通自動車ならば、資産価値があるとされているところは耐用年数で「6年」となっているのです。

わかりやすく言うと、普通自動車の資産価値は月ごとに減価償却で減少していく様になり、6年で丁度資産価値が0になるといったわけなので、それ以前に買取して貰うことが良いと報告されています。

さらに、新自動車登録から3年間というものは車検が残存しているので、3年以内ならば買取金額も高額になるのきらいがあると言えます。

一回目の自動車検が3年で、この次の自動車検が5年経った時点です。

5年以前の自動車は初期不良を起こして改善している可能性が大きく、安定した働きをキープしていることが多くあるので、買取価格も高い傾向が見られます。

上記のように、10年落ちの自動車だろうとも買取を行ってもらえる所は多く見られます。

走行距離に於いては自分だけではなんとすることもできないでしょうが、自動車を良い状態にキープするというのはできます。

一定期間ごとの整備を心がけるようにしてください。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする