自動車の寿命は10万Km?

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

自動車の寿命は10万Km?

10万Km走行した自動車は不具合が起きやすいから乗り換えた方が望ましいと言われることはないですか?自動車は10万Km走行すると駄目になり得るのでしょうか?

いまどきの自動車は技術だって進歩を遂げていてタフに製作されているので、走行距離が10万Kmをオーバーしたというケースでも、全て使用不可となるということはありません。

メインテナンスの状態が良ければ10万Kmをオーバーした自動車だって充分しっかりと走行します。

しかしながら、自動車も消耗品というわけですので走行距離が大きくなると部品も消耗していくというわけです。

新車を購入した時のまま長い間運転をしていると、トラブルのリスクが大きくなってしまって、パーツや部品の交替やメインテナンスなどという、一定期間ごとの整備が必要です。

走行距離が10万Kmをオーバーした自動車は買い取って貰えるのか?

走行距離の多い少ないに関係なしに、買い取りされた中古自動車に関しては整備工場において整備を受けた後日売りに出されます。

中古自動車買取の場合は、この整備コストをマイナスした金額で査定されると理解してもらうとわかりやすいですね。

走行距離が10万Kmをオーバーするといろいろなパーツの交替や修理が必須になってきます、整備料金も割高になってしまうせいで、その分だけ査定額がずいぶん低価格になってしまうこともあります。

愛車がいくら位で買い取ってもらえるかはじかに販売店に確認しましょう!

走行距離が10万Kmをオーバーしていたとしても買取してもらえる自動車というのは

先に述べたように、走行距離が10万Kmをオーバーしている時は買取が難しくてなると思いますが、例外も見受けられます。

高級自動車やスポーツカーといった人気自動車種や、生産台数が限定されているといったような人気モデルに於いては、走行距離が10万Kmをオーバーするケースであっても、販売の確率が高いということから買い取ってもらえるケースがあります。

さらに、日本では10万Kmをオーバーした自動車は避けたりされがちなんですが、海外ではそんなことはなく、10万Kmをオーバーする走行距離の中古自動車だろうとも走っていることが多いです。

そのおかげで、海外への販売経路を所有している中古自動車買取店では10万Kmをオーバーした自動車を買い取ってもらえることがありますので、幾つもの買取店に見積もり額を取ってもらうことをおススメします。

以上のように、走行距離が10万Kmをオーバーしていれば買取していただけないことのほうが多くありますが、海外等といった販売経路を構えている買取店を選択するようにすれば買い取ってもらえる傾向が高くなっていくのです。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする