自動車の査定時間は全部でどれくらい時間がかかるの?

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

自動車の査定時間というのは手続きを合わせて、どれ位時間がとられるのでしょうか?

自動車の買い取りショップで自動車を査定してもらう時に、キャッチコピー通りに15~20分くらいで査定が完了することもあり得ますが、基本的に「査定時間だけ」をチェックした場合には、

買取店に来店してから、最初に査定する為の申込書に対しての記入があるわけです。

そういったやり取りにおいては約10分、査定に15分~20分、査定結果が出来た後値段の相談等に30分程かかってしまいます。

契約にならないとその場で帰ることになるでしょうが、契約が決まるとその後の手続き等は付いている故に更にその分だけ時間を要します。

要するに、その場で契約をしないうちは1時間、取り引きをすると2時間ぐらい必要になる事になるのです。

当然買い取りショップによってはあと少々短い時間、もしくは長い時間も見受けられるので、基本的に目安としていただきたいです。

どうして短い時間で査定が可能なのか

買取査定というものどうして短時間で行なう事が出来るというのでしょうか?
利用者においては長い期間乗った愛車であっても、買い取りショップから見れば「これから物品」ということなのです。

車種(グレード)、年式、走行距離といった基本的なデータが出ているならば、それから後は業者間でデータをシェアしている中古自動車オークションの市場価格と突き合わせ、自動車内シートや内装、本体(外装)、エンジン音やブレーキなどをプラスマイナスを行ないながら数値化を実行していくので、あんまり時間を要するものじゃないのです。

買い取り業者の中では本店じゃないと査定価格が上げられない業者もあって、担当者と本社の話し合いで時間がとられるかも知れませんが、そうは言ってもおおむね10分~15分くらいで金額が決定されて来ると言うことができます。

さらに注視して欲しいとお考えの希望もありますかと思うのですが、オークションマーケットプライスと言われる動かぬデータのあるのですから、それから後はその買い取りショップから見ればニーズが高い自動車種かどうであるのかや、人気オプションがセットされているかどうかとか、査定に付加されるものがなかったら金額アップは不可能であると言えると思います。

自動車の査定時間を短くするためにはどのようにしたらいいのか?

自動車の査定から契約迄は約1時間~2時間とお話ししましたが、このことは基本的に査定時間と事務手続きの時間だけのことではじき出した場合です。

ウィークエンドなどでは同じ様に査定してもらいたいお客さんの数が増える為に、「待ち時間」が付加されます。

待ち時間を合わせると半日になってしまうと口に出すお客さんもいるというくらいとなっています、査定をして貰うより前に混み具合を問い合わせてから予約を取るようにすると良いいでしょう。

中でも冬の終わりから春にかけては、ライフスタイルの移り変わりなどによって自動車を売ってしまおうとする人が多い事もあって、注意してください。

以上が、買取査定に掛かってくるおおよその時間になってきます。

自動車の査定としてはほとんど時間を掛けたくられないという人に関しましては、混雑の状態やタイミングをよく確かめたうえで予約を取るほうがいいと思います。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする