ローンが残存している(残債)自動車は買ってもらえるのか?

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

ローンが残存している(残債)自動車は買い取ってもらえるのか?

結果的に、ローンが残存している(残債)自動車でも買い取ってもらうことはできます。

売り払いたい自動車にローンが残存していると言っているのは案外とありますから、査定額へもあんまり影響が見受けられません。

どうしてローンが残っていても自動車の買い取りが出来るのかといいますと、査定額が残存しているローン額に比べて上回る時には、買取店が該当の額からローンを一括返済する申し込みを行なってもらえるためです。

ローンを引いた分の金額につきましては、自動車の売り主に払われる形となってきます。

ちょっとめんどうなことが、買取査定額がローンの残債を下回る時です。

このような場合は、査定額(売却額)で支払いできない足りない分を現金で払い込むか、現金一括で支払うことができないならば、残されている金額分だけでローンを組みなおして支払いをしていくかのいずれかを選択することになってしまいます。

ローンが残存している(残債)自動車を買い取って貰うために必要な手続きというのは

ローンが残存していると、その自動車の名義というのは使用者となっている売り主では無く、ローン会社やクレジット会社となっているのです。

そのおかげで、自動車を買い取ってもらう際というのは、ローン完済後で名義変更手続きを行なってご自身の名義に変更することが大前提となります。

一人でその手続きをおこなうっていうのは手間暇がかかりますが、買い取り業者側は慣れっこになっているので、必要書類だけ用意しておくことで所有権解除の代わりにしてもらうということが可能となります。

その時に必要な書類は以下の通りになります。

・自動自動車自動車検証
・印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
・委任状
・自動自動車納税証明書
・実印

書類の手続きは最後に売却が確定した場合に実施されるため、契約の印鑑を押す前に、
こちらの業者に依存して正解なのか、更には査定額の高い買取店はあるのではないかなど、良く検討して契約をして下さい。

ローンが残存している(残債)自動車を買い取って貰うタイミングは

自動車の査定をして貰い、査定額がローン価格より上回っていた際には問題ないのですが、査定額がローン価格より下回っていた際には、ローンの残額に充当する現金を用意するか、新しいローンを設定するなどといった必要も出てくるので、買い取りをお願いしたいと決めても、戸惑ってしまうケースもあるのじゃないでしょうか。

その中には、希望しているような査定額が貰えるか分からないままで心配があるからと、ローンの残額分に当たるお金を用意してから買い取りに出すという人もいるかも知れませんが、ローンが残存している(残債)自動車を買い取って貰う際には、早いうちに買取店にお願いをした方がいいと言えます。

普通は、自動車に乗っている期間が長ければ長くなるほど、自動車を運行していればしているほど、走行距離も伸びます、自動車の外観やインテリア等といった劣化、タイヤのすり減り等々もでてきます。

自動車の査定額を決定づけるキーポイントとしては、本体のキズの有無や、インテリアの汚れや痛みの有無、走行距離、自動車の年式等々あるわけですが、どっちにしても、時間の経過や走行距離が増せば、自動車としての価値が落ちてしまいます。

先述のとおり、仮にローンが残存していたところで自動車を買い取ってもらうということが出来ますし、ローンに関した諸手続きも円滑に行なってくれます。

自動車を買い取ってもらう時に、わずかであろうとローンの残額を買取額で補っていきたいと言うのなら、自動車の査定評価を下げないように、早いうちに買取店へ査定お願をして貰うことをお奨めします。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする