自動車のキズ・サビ・ヘコミに対する査定基準とは

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

自動車のキズ・サビ・ヘコミに対する査定基準とは自動車のキズやサビ、ヘコミに対しての査定基準はどういうふうになっているでしょうか?

どのように査定されるかについては査定士によりけりではありますが、基本的にはちょっとしたカギキズひとつ放っておかないほど査定基準はハイレベルなものであると言えます。

中でも自動車の買取のケースでは、買い取られた自動車は中古自動車として店舗で売りに出されることがほとんどです。

そういう理由で、ボディのキズやヘコミ以外にも、ボンネット、ナンバープレート、エアロパーツなどに対してもキズやヘコミがないか、あるいはサビびていないかを厳重にチェックされると考えられます。

自動車についていたキズやサビ、ヘコミは直した方が見積もり価格は高くなるのか?それとも低くなるのか?

自動車の査定は基本的に自動車種やランク、年式等で基準が決まります、その後にでインテリア、外装、エンジン、足回りのコンディションや走行距離と言えるものがチェックを入れられます。

自動車をセールスする店舗も買い入れる購入者側も、「良いもの」を求めています。

そういった理由から外装がピカピカな程、金額は高まるということなのです。

少しだけのキズだったら自分で塗装して修復すればいいんじゃないかと思われているユーザーは案外と多いですが、塗装の微妙なカラーの相違する部分や輝きの差異というものを査定士は分かります。

自分で直そうとすると、それとは逆にマイナス査定をつけられる可能性があるとのことなのであまりおすすめ出来る事ではありません。

では自動車にキズやサビ、ヘコミがあったのであればどういうふうに対策をしたらいいんだろうか?
先に述べたように、自分で修復したりすると、あべこべに査定額が大きく下がることがあり得ます。

そうだとしたら修理に出せば妥当なのかと言えば、キズやヘコミの様子によっては査定額より修理代のほうが高額になるケースがあります。

何と言ってもお勧めなのは「修理しないでそのままにする」事であります。

査定のルールとして「自動車におけるキズは1cm未満のケースでは査定額に影響を与えてない」と言われていて、わずかのキズは自分で直すぐらいならそのままにした方がいいこともあり得ます。

以上のように、キズやヘコミ、サビの状態に応じて査定額に大きく影響しますけども、無理やりに修理するとか、事故車だという事実を伏せていたりすると査定額の下がるだけじゃなく、買取拒否となってしまう事例もあるというわけです。

どうみても問題のありそうなキズやヘコミが見られる場合には、査定に出すより前に修理屋等に話しを持ちかける方がいいと思います。

ネットで簡単!無料で新車をお見積!はオートックワン
中古車選びならなびくる+60万台からチョイス
愛車を高く売りたいなら楽天で!一括査定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする